にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

アジングのアワセについて

アジは吸ったり吐いたりします。

モゾモゾと感じる小さなアタリがそれです。

トントン、トントン、コンとくる「コン」の瞬間にアワセる必要があります。

ブルブルと感じた時には、アジ(鯵)がワームをくわえて反転した瞬間で、その時には掛かっています。

ナイロンラインを使うと、この瞬間をアタリと感じてしまい、多くのアタリが取れずじまいになってしまいます。

また、アジが口切れしやすいというのは反転した時に口の横に掛かるためで、「コン」でアワセを入れれば上あごに掛かりバレが激減します。

アワセは早過ぎるのはよくないですが、神経を集中して、かつ道具の感度をもって電撃アワセを入れる必要があります。

これがアジングの面白いところであり、難しいところでもあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

↓ 応援よろしくね♪ ↓

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

タグ


2012年10月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:基礎知識 釣り方

このページの先頭へ